医療法人が渋谷でクリニックを開く時は開業許可が必要

渋谷区内でクリニックを開業する場合、医師本人が開業者となる場合は開設届を提出後、立ち入り検査による確認を受けて問題が無いと判断されれば診療を始められます。

しかし、医療法人が開業者となる場合は、たとえ法人の理事に医師免許を持っている人がいたとしても、届出を行う前に診療所の開設許可を取得しなければなりません。


渋谷区内のクリニックの開設許可申請は、診療所開設許可申請書と呼ばれる書類の提出によって行います。

渋谷の内科にアクセスしてください。

ただし、この書類の提出時は添付書類として、診療所の内部や周辺の様子がわかる図面、管理者となる医師の臨床研修修了登録証、免許証、及び履歴書、医療法人の定款を必ず提出しなければなりません。
また、薬剤師を配置する場合にはその者の免許証を、管理者となる医師が他の医療機関で勤務している場合はその医療機関の管理者が作成した同意書を用意する必要があるなど、開業する診療所によっては他にも添付しなければならない書類があります。



必要書類については事前相談をしたときに区から説明を受けられるので、よく聞いて確認しておきましょう。

渋谷区におけるクリニックの開設許可申請の処理期間は10日前後となっており、開設が許可されれば区から許可証が交付されます。



許可が出た後は、事前に立てた計画や区と打ち合わせた内容にしたがって開設に向けて準備をすすめていき、開設の準備がすべて整った段階で診療所開設届出書を提出することになります。